Scroll

  • Home
  • Blog
  • 広報は「初めて」に強い

広報は「初めて」に強い

「初めて」=「これまでにない」ということなので、
どういう風になるのか、どうすれば良いのか…イメージがなかなか湧かないですよね。

思い返せば、何ごとも初めてというのは緊張を伴うものでした。

  • 学校で初めてのクラスに登校するとき
  • 初めて友達と喧嘩して、仲直りするとき
  • 初めてメディア対応したとき

初めてだと、どうしたら良いのか分からなくて、時間がかかったり、一歩踏み出すのに勇気が必要だったり…

私自身、初めてはあまり好きではなかった記憶があります。

しかし、今では初めてが大好きになりました。
そこには職業柄が大きく関係しています。

その理由は、広報にとって「初めて」はとてもやりやすい状況だからです。

なので、

「初めて広報をやろうと思っているんですけど…」
「今まで、広報をしたことが無いのですが…」

このような台詞を聞くと、それだけでワクワクします!

初めては、それだけでニュース

記者さんは、「まだ世の中に出ていない情報」に価値を感じます。

誰でも知っていることを、あたりまえのことを敢えて記事にする記者さんはいません。
「ニュース」という言葉通り、新しい情報を世の中に伝えることが記者さんの仕事です。

つまり、まだ誰も知らない「初めての情報」はそれだけで価値があるのです。

なので、初めてご自身のサービスやプロダクトを世に出すときに、”何となく”発信してしまうのは、とてももったいない!

それは、価値のある情報が何となく流れてしまうだけでなく、「初めて」が使える機会を失ってしまうからです。

なぜなら、「初めて」が使えるのは一度切り!
一度情報を世に出してしまえば、それはもう「既に出ている情報」になってしまいます。

当然ながら、次からの発信では「初めて」は使ません。

つまり、どのサービスやプロダクトも初めて世に出すタイミングは、広報の大チャンスなのです。

先に述べたように、新しい情報かどうかで情報の価値が変わるという理由から、既に情報が世に出ている状態から広報をするのと、初めてのタイミングで広報をするのとでは、露出の可能性が大きく変わります。

もし、これからサービスやプロダクトを世に出す予定がある場合は、初めては一度きりということを意識して、ぜひ広報PRに力を入れてみてはいかがでしょうか?

ブログ一覧へ戻る

DearMedia Newsletter

DearMedia Newsletterでは、代表の味岡が毎朝チェックにしている約1,000記事の中から「ちょっと気になる情報」「最近話題のニュース」「面白いできごと」をピックアップしてお届けしています。

配信登録はこちら