Scroll

  • Home
  • Blog
  • もったいないが多すぎる、この世のなかには広報すれば売れるものが溢れている

もったいないが多すぎる、この世のなかには広報すれば売れるものが溢れている

こんにちは。ディアメディアの山下です。

やっと気温が下がり、秋らしくなってきましたね。
今年は10月に入っても30度近い日が続いていて、夏服が長く活躍していました。

それにもかかわらず、クリーニング&保管をお願いしていた冬服が、9月に返送されて、自宅の物が一時的に激増。クローゼットに入りきらなくて困りました。

そこで、最近断捨離に励んでいたこともあり、洋服を中心にとにかくものを処分し、45リットルのゴミ袋を10個分くらい捨てました。

処分したものの中には新品もありましたが、悩んでいるといつまでたっても片付かないので、えいやっと。

しかし、ごみ捨てを完了した後、ふと思いました。
「あれって、メルカリで売ったらいくらくらいだったのかな・・・?」

試しにワンピースを1つ、同ブランド、同条件で検索。

「このワンピースは新品でも無かったし、どうせ2~3,000円だろうな。この金額だといちいちメルカリするのも手間だし、しかもいつ売れるか分からないしー。だったら捨てよう」と判断したものです。

それが、

「・・・・・!?1万円くらいで売れている!」

やってしまったと思いました。

いくつか見ても大体1万円で売れているので、7,000円くらいで安く出して即売り切ってしまえば良かった・・・。

ガッカリ。

価値の見積り違い

このときの状態って、

自分が考えているワンピースの価値 < 世間が考えているワンピース価値

になっていて、客観的に見られていなかったんですね。

こういったことは結構あって、広報の現場でよくみかけるのは、
「あたりまえすぎて価値を低く見積もる現象」です。

世間からみたら、「おもしろい!」「知らなかった!」「へぇ!」と思われるサービスやプロダクトを作っているのに、作っている本人達からすると、あまりにもそれが当たり前なので、すごさに気がつかず、あえて伝えない。

なんなら、競合サービス・プロダクトと比較して、自分達のサービスやプロダクトはまだまだだと思ってしまっている。

こんなことがよくあります。(なんと謙虚なこと…)

この状態だと、

ご自身のサービスやプロダクト <<< 世の中に伝えるべき価値があるニュース

このくらいになってしまっているので、ご自身のサービスやプロダクトを広報しようなんていう考えは、全く浮かんでこない状態なんですよね。

この状態に陥っているために、世の中に伝えられていない良さを持ったサービスやプロダクトはきっとたくさんあるのだと思います。

当たり前を一歩引いて見てみる

実際に、たまたまサービスやプロダクトを開発中の方と雑談をしている中で、こちらがピンときて、「それ、広報したら絶対に取り上げられますよ!!」となることがあります。

そして、そういったケースはお手伝いをした結果メディア露出に繋がる確率が非常に高いです。
何もしなかったら0だった情報が、広報をしたことによって何千、何万もの方々に届くのです。

きっと世の中には、このような広報をすれば多くの方に知っていただけるサービスやプロダクトがたくさんあるのだと思います。

自分達の当たり前は、世間では当たり前ではなく、すごいこと、おもしろいことかもしれない。

当たり前を当たり前と思わずに、一歩引いてみてみると、思わぬ世界が見えてくるかもしれません。

ぜひ、心にとめておいていただければと思います。

ブログ一覧へ戻る

DearMedia Newsletter

DearMedia Newsletterでは、代表の味岡が毎朝チェックにしている約1,000記事の中から「ちょっと気になる情報」「最近話題のニュース」「面白いできごと」をピックアップしてお届けしています。

配信登録はこちら